20代の警備会社求人

警備会社求人TOP >> 条件別の警備会社求人 >> 20代の警備会社求人

20代の警備会社求人

20代に向いた警備会社の求人にはたとえば新卒採用があります。学生でなくなった直後から警備会社のキャリアをスタートさせることができるので、長くこの業界に携わっていきたい人に向いています。特に警備会社はさまざまな法律の関係から18歳以上でなくては働くことができないだけに、この業界は20代のニーズが大きいのです。

警備会社の新卒採用には総合職と警備職の2種類があります。総合職というのはその名のとおり、警備会社の総合的な仕事を行うもので、警備以外にもさまざまな業務に携わることになります。異動や転勤を通じ、警備会社がどのように運営されているかを知り、最終的には幹部への道が開かれます。総合職では採用された後、本人の希望や適性によって配属先が変わるので、どこに配属されるかはその時になってみなければわかりません。

警備職はこちらもその名のとおりで、警備の仕事を専門的に行う職のことを指します。警備会社のイメージそのままの仕事だと考えていていいでしょう。キャリアを通じて警備のノウハウを吸収していくことになるので、20代からこの職につけば、かなりのスペシャリストになれるはずです。

新卒採用で代表的なのはこの2種類ですが、他にも一般職、技術職といった部門があります。一般職は総合職をサポートする事務的な業務を行う部門であり、技術職は機械などの専門的な知識・技術を扱う部門です。どの部門も警備会社になくてはならないものなので、求人に応募する時はこだわりなく参考にしていきましょう。

たとえば「国際警備保障株式会社」の新卒採用があげられます。ここの総合職では施設、機械、イベント等、幅広い場所での警備をまず行うことになっています。それらの警備に慣れた後は営業や管理、事務などの各部門の各業務を行い、総合性を身につけることになります。最終的には警備員に対する教育・指導も行うようになり、幹部候補となります。

この総合職へは大卒でなくては応募することができません。給与は月給制で、家族、残業、資格、交通費といった手当がつきます。昇給は1年に1回あり、賞与は夏と冬の計2回です。休日は週休2日制と祝日、それと休暇に有給、慶弔、特別があります。有給休暇は入社してから半年経って10日間もらえる仕組みです。福利厚生は各種社会保険をはじめ、社員会や資格取得サポート、財形貯蓄などが用意されています。社員会では福利厚生倶楽部・リロクラブが4000施設以上利用できます。


Copyright (C) 2014-2018 警備会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.