警備会社の仕事内容

警備会社求人TOP >> 警備会社の転職の基礎 >> 警備会社の仕事内容

警備会社の仕事内容

警備会社といえばどこかの店舗などに警備員を派遣したり、何か緊急事態が発生した時に現場に駆けつけて状況を確認して対処したりといった形で業務を行っていますが、具体的な仕事内容がどのようなものなのかは把握していないという方がほとんどなのでは無いでしょうか。何も無いときには仕事も無さそうにも見えるかもしれませんが、見えないところでは色々な業務を行っているので、警備員の仕事内容が気になるという方は是非チェックしてみてください。

警備員の業務は大きく分けて3種類に分類されています。まずビルや一般住宅といった建物、遊園地や駐車場といった施設を警備し、センサーなどに反応したかどうか遠方から監視したりする1号警備、工事現場などの交通誘導警備、イベント等の人ごみを整理する2号警備、現金や貴重品、危険物などの運搬を警護する3号警備、ボディーガードのように要人を警備する4号警備といった種類に分けられ、警備会社によって担当する業務が変わってきます。

警備会社が行っている業務は警備会社にいる人材によっても代わります。例えばアルバイトや入社してすぐの警備員なら1号警備か2号警備を行なう事になるでしょうが、3号警備や4号警備のようなもしも何かあった時は大変な事になる業務になるともっと多くの経験やいざと言う時のためにも対処できるような知識を持った警備員が担当する事になります。こうした警備を担当するためには資格を取得する必要があるなど道のりも長いので、こうした警備を目指す方は入社してから資格取得を目指しましょう。

警備会社の業務は実務を担当するだけではなく、警備員の管理業務も行う必要があります。一般のアルバイトの方などは特にそうした資格は必要ありませんが、管理業務を行なう場合は専門の資格が必要となるので、3年間の実務経験を積んだ後はそうした資格取得を始めるようにしましょう。アルバイトの警備員を管理することが出来ることが出来るようになればただ警備を担当する以外にも出来ることが広がり、仕事にもやりがいが生まれてくるはずです。

警備会社で働くためには当然求人情報を探す必要がありますが、警備会社には非常に有名な企業ばかりでなく、特別の分野に精通した警備会社など色々な種類があるので、そうした種類を知るためにも転職エージェント利用してみましょう。転職エージェント内に掲載されている求人数は非常に多いので、中々警備会社の求人情報を見つけることができなかったという方もすぐに情報を見つけられますし、業務に関する詳しい話もチェックすることが出来るようになっています。


Copyright (C) 2014-2018 警備会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.