警備会社の年収

警備会社求人TOP >> 警備会社の転職の基礎 >> 警備会社の年収

警備会社の年収

警察官の再就職先として選ばれたりアルバイト先としてもよく知られている警備員の業務は夜間などに仕事をする機会も多く、いざという時は危険に向かっていかなければなりません。その分給料が高いというとそういうわけでもなく、ある程度の経験と資格を持って管理職に付かなければ状況の改善は難しいといいます。その代わりある程度年齢を重ねてから入社しても活躍できる機会が生まれやすいともいわれていますが、果たして警備会社の年収はいくらくらいになるのでしょうか。

警備会社の平均年収は282万円と言われており、額としては決して高くはありません。特に入社したてのころは給料は安く、かなりの長時間勤務を続けなければ平均月収の22万円にも届かないそうなので、少なくとも楽して給与を得ることは出来ないと思ってください。もちろんもっと上の立場に行くこと出来ないことはありませんが、自分から積極的にスキルアップを望んで行動しないといつまで経っても末端の警備員として働き続ける事になるのは間違いありません。

警備員は末端の社員の場合はほとんどあるバイトと変わらない給与しか受け取ることは出来ませんが、ある程度経験を重ねた後は管理職として働く道も見えてきます。警備会社で管理人業務に就くには警備員指導教育責任者資格を始めとした各種資格と最低でも3年間の実務経験が必要となるので、始めの3年間は普通の警備員として仕事を続けて、積極的に資格取得のための勉強を行えば普通の警備員よりもはるかに良い待遇で働くことが出来るでしょう。

警備員の資格は転職の際にも役立てることが出来ます。警備員を置く際は最低一人は資格を持つ警備員を置く必要があるので、必然的に資格を所有している方は雇ってもらえる可能性が高くなります。有名な警備会社なら待遇も名前の知られていない警備会社よりも高くなるので、更に高い待遇を目指すのであれば資格を取得した後転職を検討してみてはいかがでしょう。上手くいけば平均年収よりも多くの収入を得ることが出来るかもしれません。

警備員として働きはじめるためには何の資格も必要ありませんが、その後も警備員として働き続けるためにはやらなければいけないことはたくさんあります。もし警備員としてもっとスキルアップを目指したかったりもっと良い待遇を目指したいのであれば転職エージェントを利用するともっと良い待遇で働ける求人を見つけたり、転職に役立つセミナーや資格などについても調べることが出来ますよ。


Copyright (C) 2014-2018 警備会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.